第二博愛

運営方針

  • 利用者本位のサービス提供を柱に、生活支援活動や作業訓練、クラブ活動などを通じて、一人ひとりの社会性の確立と地域社会での適応能力の向上に努めます。
  • 利用者の意見や要望が日々の施設運営に反映できるよう留意しながら、「個別支援計画」に基づくサービスの質の向上を目指します。

定員

通所【定員60人】
18歳以上の知的障害のある方が通所によって、地域で明るく楽しい生活を営むことが出来るよう、社会適応能力を高めるとともに、一人ひとりの自立に必要な支援を行っています。

施設の特徴

  • 市街地に立地する都市型施設として、市内の他の社会資源の活用を含めた総合的な生活支援を目指しています。
  • 総合福祉施設の特長を活かし、併設医療部門(歯科を含む)との連携による日常的な健康の保持・増進に努めています。

地域との交流促進

  • 施設利用者の地域行事への参加を促すとともに、施設主要行事への住民参加を働きかけています。
  • 機関紙を通じた施設情報の提供に併せ、実習生やボランティアの受け入れを進めています。